逃避 - 凸凹な僕たちへ

メニューへ移動する


Home >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

Home >> Diary >> 逃避

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃避


・・・恋愛対象で俺のこと好きってことなの?

「うん。」

沈黙。たぶん1分もなかった。

でも5分にも10分にも感じられて。

・・・えっ、、ずっとそうやって見てたの?

友達だと思ってた。友達のフリだったってこと?

(・・・違う。こんなこと言いたいんじゃない。)

「違うよ!そんなんじゃない!・・・でも気づいたら。」

(わかってる。友達演じるような人じゃない。

 自分が何て言っていいかわかんないだけなんだ。)

そんなこと急に言われても、、困るよ。

その場から逃げた。彼も追って来なかった。

それらしいこと言ってあの場から逃げたいだけだった。

一人で落ち着きたかった。考えたかった。

だって男同士。




家に帰ってからひどく後悔した。

俺がたっちゃんを好きなのかわからない。

親友の感情と何が違うんだ。答えはまだ出ない。

でもひどいことを言った。

「困る」

たっちゃんを傷つけた。

あんなに真剣だったのに。

ふざけてあんなことできるはずない。

あの言葉だけは取り消そう。

想いに答えることはできないかもしれない。

でも謝りたかった。

いつもなら明日学校で、メールで、電話でと思うのに、

その日は彼の家まで走っていた。

家の前で電話をかけた。

家の前にいる。話したい。

たっちゃんは驚いた様に外に出てきた。

「・・・中入る?」

うん。




ひどいこと言ってごめん。

自分がどうしていいかわかんなくて。傷つけたよね?ごめん。

「俺も急に変なこと言ってごめん。さっきの忘れて。

 ゆうと気まずいままで夏休みどうしようかと思った(笑)」

一緒になって笑うことはできなかった。

無理してるように見えた。
スポンサーサイト


Comment

せつないね

こんばんは。
思い出話、読ませてもらってます。

なんだかせつないね。
でも、誰だってとっさに出てくる言葉は、
そんなものかもしれない。

ほんとは、かっこよくて気の利いた言葉をかけてあげたいと思うけど、
結局、出てくるのは心と裏腹な言葉だったりするんですよね。

で、あとになって、「あのとき、ああ言えばよかった」とか悔やんだりして。

そういう失敗は、僕も、今でも何度も何度も繰り返すけど、
その度に、次は正直になろう、
かっこわるくても正直になろう、と自分を励ましてます。

なんか、僕も昔をおもいだしちゃったなあ。

今日、僕のところにバトンが回ってきましたので、
次をゆうさんにお願いしたいと思います。
よかったら、ウチのブログ見に来てくださいね。

また遊びに来ます。
  • ハル #EHLA8Qrk
  • URL
  • 2006-12-07(Thu) 00:38:58
  • Edit

こんにちは☆

そうですね~
特にオレはすぐ恥ずかしがったりするんで、なかなか素直になれなくて。。
なんであんなこと言っちゃったんだろうとか、
しょっちゅう後悔です。
たまには恥を捨てることも必要ですよね。
わかっててもできないんですが。
もっと大人にならなくちゃ。。

はい、バトンやってみます☆
  • ゆう #-
  • URL
  • 2006-12-07(Thu) 13:40:57
  • Edit

たっちゃんの告白に、戸惑いながらも真摯に受け止めようとするゆうさんが、なんとも頼もしい。
僕は、なんとなく自分とたっちゃんを重ねてしまうんですけど、ゆうさんの気持ち、きっと届いたと思うな。
『忘れて』というたっちゃんの言葉、正直すごく痛々しい。
本当は絶対に忘れて欲しくない、勇気を振り絞った告白だもんね。

なーんて、勝手に解釈しちゃいました。
これからどうなるのか、続き、お願いしますね~。
  • JaN #3/2tU3w2
  • URL
  • 2006-12-07(Thu) 16:46:58
  • Edit

こんばんは☆

いえ、そんな立派な人間じゃないですよ。。汗
届きましたかね~まぁこの後付き合うことになるんですが。
オレも今思い返すと、どんな気持ちで言ったんだろうと。。
苦しかったと思います。

いつもコメントありがとうございますね☆
がんばりましょう!
  • ゆう #-
  • URL
  • 2006-12-07(Thu) 23:13:46
  • Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  #
  • 2007-08-12(Sun) 00:06:34
  • Edit

Comment form
 ※コメントの修正・削除の際に必要です

管理者のみ読めるようにする


Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jiyukimamana.blog84.fc2.com/tb.php/8-89b68788
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

Home >> Information

Information

Author : ゆう

遂に社会人。
慢性的に眠い23歳。
詳しくは『Author』



ページ先頭へ戻る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。