港町の週末 - 凸凹な僕たちへ

メニューへ移動する


Home >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

Home >> Diary >> 港町の週末

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

港町の週末


こんばんは。

ゆうです。


1泊2日でしたけど、結構疲れました。

時間があまりなくて、山下公園や中華街までは足を伸ばせませんでしたが、

ホテルの場所ゆえに、みなとみらいはぶらぶらしてきました。


今回の目的は旅行というよりも、僕のいとこのお墓参りでした。

ここにもちょっと書いたんですが、幼くして亡くなったいとこがいるんです。

命日が6月なので、毎年この時期にお墓参りに行っています。

たっちゃんも一緒に遊んでくれたりして、お葬式にも来てくれたので、

今回も一緒に行くと言ってくれました。

叔母さんに一応行くことを伝えると、泊まりに来るよう誘われたんですが、

たっちゃんも一緒だと言うとホテル取るから泊まってゆっくりしていけということで、

お墓参り+観光という1泊2日のプランになりました。

ただ、観光はあまり期待できなかったんですよ。

叔母の企みはわかっています。

『ゆっくりしていけ=子守お願いね~♪』

僕も叔母さんには小さいころお世話になりましたからね。



横浜に着いて、まずは叔母さんの家へ。

にぎやかなチビ3人がお出迎え。

長男はもう小学校高学年なので手もかからないんですが、

幼稚園生の長女・2歳弱の三男。

この2人が本当に手がかかります。

特に長女の方は破天荒で言うこと聞かないし、傍若無人でまさに嵐。

カトリーナって呼んでいたくらいです。

そしてチビ3人相手に、21歳のおっさん2人が動き回ったんだから

疲れ方が半端ではありません。

ちょ、ちょっと休憩・・・

子どもなんて大人を振り回しておいて、

自分は疲れたらさっさと寝てしまうんだから

まったく、子育ては大変です・・・

あのたっちゃんですら、息が上がっていたんだから

子どもパワー恐るべし。


子守を終えてやっと2人に。

マジで疲れました。

遊んでいた時間、実に6時間・・・・

先にホテルでチェックインを済ませてから夕飯。

おそばを食べに行きました。

今日は車にもう乗らないので、たっちゃんもお酒を飲むってことで、

僕もちょっとお酒を。


お酒は弱いですが日本酒が結構好きです。これは『真澄』
とてもおいしいです。
顔は真っ赤でしたが。




泊まった部屋。
専用レセプションで手続きをする特別フロアです。
とりあえず広くて、眺めも最高でした。
学生では、お財布が寂しくなるようなエグゼクティブなクラスですが、
今回は叔母さんが勝手に取ってくれました。
あまりに疲れてお酒も飲んで、思わず一服しました。
夜景を見ながらって結構いいですよ。
大人チックで。

「こういう部屋も1年ぶりだ~子守のバイト代だと思えばいいか。

 おフロもなかなか広いね。今日はのんびり入ろ~」

「うちのより広いんだしさ、今日は」

「あぁもう言わなくていい!」

何が言いたいかわかった。

まぁこんなとこに泊まりに来たときくらいは・・・




こんなのんびり過ごせる施設もありました。
宿泊の特典は大いに利用しなければ。
といってもちょっと泳いでちょっと寝たくらいなんですけどね。
今度またゆっくり来たい・・・
時間帯の関係なのか、僕たちしかいませんでした。

「海行く前にちょっと焼いてかないとまずいな・・・」

「真っ白でもいいと思うけど。」

「真っ白で海にいたら、自分が気持ち悪いんだよ。でも日サロ行くのもめんどくさい。」

日サロなんて1年くらい行ってないし・・・

とりあえず、軽く焼かないと。

じゃないと真っ赤になるだけ・・・

「どうせならタヒチとか行きたいけど、みんな予定がなかなかね。」

「今年も近場だな。」

「まぁシンちゃんが車出してくれるからいいか。またボード教えてよ。」

「毎年恒例(笑)」

かれこれ5年目になります。

僕がすぐ飽きるので上達もクソもないんですが。




みなとみらいの観覧車。
ゴジラとモスラが闘ったのはここだったような気がします(古い)




これぞ横浜の夜景。
港町は夜景がキレイです。
こういう景色はずっと見ていても飽きないですね。




行ってきました、昨年オープンした横浜ベイクォーター。
もうすでに新たなスポットになってるんですかね。
買い物したわけでもなくただブラブラしただけですけど。
バーベキューもできるらしいです。
肉が食べたい肉が。


部屋のテレビがまた大きい液晶のやつで、持って帰りたいと言ったら

それはアメニティじゃないよって普通にツッこまれました。

そんなことは僕でもわかるっちゅーねん。


で、2日目がお墓参り。

いざ鎌倉。いざ1192。


お供えの花ですが、仮屋崎さんを気取ってみました。
もう3年が経ちました。



長男の子はしっかりしてるし、妹弟の面倒も見る子なんですが、

「いつ帰るの?」「あとどのくらい遊べるの?」

僕とたっちゃんが帰る時間を一番気にしていたのはこの長男の子でした。

亡くなったのは次男の子なんですが、

その子が闘病中のとき長女はまだ2歳ちょっと。

みんなは次男の子の看病と長女の世話で手一杯。

長男だから長女の面倒を見たり、わがままを言わないように自分を抑えたりして、

一番甘えたい盛りだった時期に甘えられなかったんですね。

仕方なかったとはいえ、ちょっとかわいそうだったな。

長女と三男を別にして長男の子とだけ遊ぶと、

歳相応の子と同じようにはしゃぎます。

また夏休みは思いっきり遊んであげよう。

子どもは甘やかしてはいけない、でも寂しがらせてはいけない。

そう思いました。



僕のいとこは骨髄異型性症候群という難病でした。

骨髄で癌化した不完全な血球しか作ることができなくなってしまい、

急性白血病へ高確率で移行します。

治療法が確立しておらず、生存率も20%程度だと聞きました。

4歳の子にはあまりに重過ぎる病気。

同じ病気の人たちのために署名活動もしたし、

みんなで千羽鶴も折ったりしたけど、

いとこには直接力になれない自分の無力さをただただ感じる日々でした。

でも見舞いに行けば毎回、無菌室のガラス越しにニコニコ笑う。

一番辛いはずの本人が、周囲に笑顔を振りまく。

一生懸命生きて輝くってこういう姿なんだ。


ハルさんも、お疲れ様でした。







一葉さんがコメントで

『色々なことがあって今の僕』

という主旨のお言葉をくださったんですが、こういう経験も含まれているのかも。

もちろん、病気にかからずに今も生きていてくれた方が

良かったに越したことはありませんが、

一生懸命生きることがどういうことなのか、4歳の子に教わりました。

そして、生まれてもうすぐ2年になる三男は

この亡くなった次男に顔も言動もそっくり。

なぜか兄弟の中で僕に一番懐いて、嬉しいし大変です。


良い友人に恵まれるのは僕の人柄だとコメントくださる方もいますが、

僕自身の力はゼロに近いでしょう。

すべては周りの環境です。

周りの人にどれだけ感謝し、大切にしているか。

そして、人に恥ずかしくない生き方かどうか。

僕が大切にしているのは、ただそれだけのことです。


携帯代を自分の小遣いでやりくりしようという気概のないような今の甘ったれた子や、

安易に肉体関係に発展するような『好きだったら何やってもいい』感丸出しの中高生に、

それはどうなの?と懐疑的なのも、

一生懸命生きる云々から派生した考えかもしれません。


過去の記事で勘違いされている方もいらっしゃると思うんですが、

僕は年下が嫌いなわけじゃないんです。

可愛くない年下が嫌いなだけで、可愛い年下の子は大歓迎ですよ。



それにしても、子育てしているお父さんお母さんには敬服します。

現在進行形の方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

僕と同じようになぜか子どもに絡まれやすい同士の方もお疲れ様です(笑)

腕には引っ掻き傷が多数。

勲章です。軍人の傷です。

もうかなり鍛えられているので、

階級でいったら間違いなく将官クラスじゃないですかね。

みなさん今日から僕を『閣下』と呼んでください。


子育ての大変さと、自分の老い加減を痛感した横浜の旅でした。
スポンサーサイト

Theme  男同士の恋愛 << 恋愛



Comment

僕も、甥が2人と姪が1人いるので、子供の相手をするのは大変ってのもは、よく分かります!!笑

でも、可愛いんでね!こっちが疲れても、安らかな寝顔を見ると疲れもふっとんじゃいますね☆笑

ってことは… 

一緒にお風呂!?笑
  • NOBUっち #XY60QOck
  • URL
  • 2007-06-19(Tue) 01:36:00
  • Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  #
  • 2007-06-19(Tue) 01:54:26
  • Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  #
  • 2007-06-19(Tue) 02:20:54
  • Edit

おかえりなさいませ、閣下w

色々大変だったみたいですが、お疲れ様です^^
前も思ったんですが、本当に写真上手ですね!
『真澄』、夜景を見ながら飲んでみたくなりました(笑)

ハルさんのことが書いてあったので少しだけ。
実は今までどの方のブログにもコメントをする勇気がなかった私に、いつまでも躊躇っててはいけないのだと教えてくれたのはハルさんでした。
未だに信じられなくて、でも、他の方のブログにも書かれていたりするのを見ると、あぁ、本当なんだ、と・・・。
ゆうさんの小さないとこさんもそうですが、会ったことはなくても、もういないんだと思うとやっぱり寂しいですね。
ご冥福をお祈りします。

長男さんといっぱい遊んであげて下さい☆
たっちゃんさんともいっぱいお風呂に(以下略w
大切にしようとしている事を実行しているからこそ、そんなゆうさんに惹かれるんだと思います。
「言うは易く行うは難し」ですもの。
長文失礼しましたっ!
  • usamilk #-
  • URL
  • 2007-06-19(Tue) 04:16:11
  • Edit

ハルさんのこと

本当に残念でした。
ゆうさんのいとこの病気といい、ハルさんの病気といい、いくら進歩した医学でも、太刀打ちできないものはまだまだあります。
そういうものにどう立ち向かっていくか。
そういうものと戦っている患者さんとどう向き合っていくのか。
まだ何も知らない僕ですが、こういうことを耳にしたり、目にするたびに自分がなろうとしている“医師”という存在について、深く考えさせられます。
テスト勉強くらいでへこたれてる場合じゃないですよね。

横浜…
凄いとこ泊まったんですね!
どんなお風呂だったんでしょうかw
仲がお良ろしいようで、うらやましい限りです☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  #
  • 2007-06-19(Tue) 08:03:21
  • Edit

はじめまして

おはようございます。ゆうさんのブログを結構見ているにも関わらず,はじめてコメントさせてもらうものです。

ゆうさんの文章はおもしろいし、深みがあるのに親しみ感が感じられる文章ばかりで,大人だなぁ~と思ってしまいます。自分は大学院生をしているのですが(ゆうさんよりも年おりですが・・・・)、だめ人間ぷりっ!を爆発させている毎日です。

今回のゆうさんの文章はなんか胸がぎゅっとなる内容でセンチメンタルな気分にさせられてしまい、コメントしたい!!と思いました。

これからも無理しないで頑張ってください!!!!更新楽しみにしています

それでは失礼いたしました。

あとよかったら僕もブログ(日記)をしています。ほとんと愚痴に近いですがよっかたら見てやって下さい。
  • 自分 #JalddpaA
  • URL
  • 2007-06-19(Tue) 10:27:06
  • Edit

こんにちは。
なかなか忙しそうですね、閣下。笑

今回のゆうさんの日記を見て自分の過去を思い出しました。もし機会があり、嫌でなければ、いつかゆうさんに聞いてもらいたいです。

ゆうさんたちが泊まったホテルはすごく豪華ですね!
私もいつか恋人とと泊まりたいです、まずはその恋人からですが・・・
  • ちーか #-
  • URL
  • 2007-06-19(Tue) 15:14:40
  • Edit

『色々なことがあって今の僕』

そうですね、そして「色んな人に感謝して今の私」でしょうか。

「閣下」を卒業した身ですが、
閣下@ゆうさん&たっちゃんのような子守してくれる若者の存在は大歓迎です。
うちの子たちもよく遊んでももらいました。
子供たちもよーーーっく覚えていて、大きくなった今でも、また一緒に遊びたい、元気かな?と言ってます。

ゆうさんの生き方、大切にしていること、
ゆうさん自身もいとこちゃん達にとっては環境の一部ですから、いとこちゃん達に伝わるといいですね。

写真、とても綺麗です。テンプレバックの黒に良く映えています。
気が向いたら、でれでれたっちゃん発言集@横浜の夜、でもUPしてください(笑
  • momo #1wIl0x2Y
  • URL
  • 2007-06-19(Tue) 17:25:04
  • Edit

閣下、はじめまして( ・ω・)∩

偶然流れ着いたのでご挨拶m(_ _)m
不思議と読みふけっちゃってました。
何だか、儂の生活にはない生活を垣間見た感じでした。
多分また来て読みふけってると思います。
では|ω・)ノ

2回目

横浜は夜景が綺麗ですね!
私はまだベイクウォーターに行ったことがありません。どんなものがありましたか?

次男君のお墓に花を添えることはできませんが.彼の心が安らかであることを祈っています。

でもゆうさん.子供に懐かれるんですね!子供は心に敏感だと聞きます。きっと子供達にはゆうさんが綺麗な心の持ち主だと察したんでしょうね♪
  • 織夜 #-
  • URL
  • 2007-06-19(Tue) 19:08:41
  • Edit

2回目

横浜は夜景が綺麗ですね!
私はまだベイクウォーターに行ったことがありません。どんなものがありましたか?

次男君のお墓に花を添えることはできませんが.彼の心が安らかであることを祈っています。

でもゆうさん.子供に懐かれるんですね!子供は心に敏感だと聞きます。きっと子供達にはゆうさんが綺麗な心の持ち主だと察したんでしょうね♪
  • 織夜 #-
  • URL
  • 2007-06-19(Tue) 19:08:50
  • Edit

横浜ベイクォーター?

横浜は高校生の頃によく行ってたんですが、最近はめっきり…なので新スポットも知りませんでした!

あと、ゆうさんは全ては周りの環境のおかげって言ってますが、「周りの人にどれだけ感謝し、大切にしているか」が当たり前に出来るってこと自体、ゆうさんの人柄の力だと思いますよ。
・・・でもそれを「周りの環境」って言えるとこがまたスゴイんですよね!
同い年なハズなのに尊敬の眼差しです。

にわか、しんちゃんファンなので海の話が楽しみです!
  • さき #-
  • URL
  • 2007-06-19(Tue) 19:10:17
  • Edit

閣下(*゚∀゚)ゞ
周りの環境がどうであるか(良し悪しあれど)、そこに目が向かない人が多い中、ソコに気付きそれに甘んじない閣下だからこその人柄では無いでしょうか!?

カトリーナちゃんw男兄弟の中だと女の子でもヤンチャになるよね(≧▽≦);年頃になるまでは・・・閣下頑張れo(・Ω・*
  • cheite #dtkV0cAk
  • URL
  • 2007-06-19(Tue) 19:30:37
  • Edit

こんばんはー。
子守、お疲れ様です(笑)
可愛いけど、大変ですよねっ(苦笑)
やんちゃな子は、特にです。
本当にお疲れ様でした(笑)

それにしても、ホテル、メチャクチャ綺麗ですね~!
俺も、そんな豪華なところで、泊まりたい・・・。(苦笑)

ゆうさんは、やっぱり素晴らしいお人柄だと思います。
少なくとも、力がゼロって事はありえないと思いました。
周りの人が素晴らしいのも、ゆうさんが、
恥ずかしくない生き方とか、感謝とか、大切さとか、
そういうのを、とても大事にしているから。
周りの方にも、それが伝わってるんだと思います。
・・・長々とすいません(汗)
大人ぶって、カッコいい事言おうと思ったんですが、
やっぱり柄じゃないですね(苦笑)
それでは、乱文失礼しました★
  • 悠里 #-
  • URL
  • 2007-06-19(Tue) 19:38:17
  • Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  #
  • 2007-06-19(Tue) 19:48:40
  • Edit

閣下殿、申し訳ありません(汗)

ゆうさん、こんにちは。一葉です。
先日は差し出がましいコメントを書き残してしまい
すみませんでした(汗)
まかさ、自分の言葉がこちらのブログで取り上げられるとは・・・
恥ずかしさと驚きでいっぱいです(^^;)

俺も、自分の力はゼロに等しいです。
まだたったの30年だけしか生きてない若造ですけど、
周りに助けられてて、周りに励まされてて、
頼りない生き様ですけど(笑)でもその影響がでかくて、
こうした今があるんだと思ってます。

閣下殿、子供の面倒お疲れ様です(笑)
子供の面倒は、とにかく体力第一ですよね。
ゆうさんとたっちゃんさんが頑張ってる姿が見えるようです。
横浜の素晴らしい写真も、ありがとうございます。
しっかりと目の保養にさせて頂きました。
これからも、素晴らしい写真を撮り続けるゆうさんで居て下さい(^^)
  • 一葉 #-
  • URL
  • 2007-06-19(Tue) 20:54:13
  • Edit

ゆう閣下お疲れ様ですwww
そうですよね
俺も知り合いが病気でもう少ししか
生きられないって
いわれてた子がいたんですけど
その子その事知ってても
全然落ち込まず笑顔だったんですけど
その子ホントは辛いはずなのに
なんで笑顔が出来るんだろうと思いました
今、思えば
一日一日を大切に過ごしてたんだと
思います
自分もその子の分まで
一日一日を大切にして行きたいです

俺も子供によく好かれますバイト中に
5歳ぐらいの女の子にナンパされちゃった事もありましたww
スゴイ若いと話まくりますよね
よく動いて
その元気少し貰いたいぐらいでしたww
長文失礼しました
  • ブー #-
  • URL
  • 2007-06-19(Tue) 21:27:26
  • Edit

こんばんは

子守お疲れ様でした。
私には12才離れた妹(年長)がいるので早くも子育て気分を味わってます(笑)
一日中動き回って喋り続けているし、年上に囲まれて育ったせいか、なかなかずる賢い子なので大変ですけどやっぱり可愛いvv
子供といると癒されますvv

私は3月に友人を亡くしました。
まさか、こんな早く別れが来るなんて思っていなかったし、亡くなる前日も彼女は学校に来ていました。
心の病を抱えてはいたけれど、彼女はいつも笑顔で「大好きv」って言ってハグしてくれました。
素直で純粋な子だから「大好き」っていう言葉をなんのためらいもなく発してくれたんです。
そんな彼女と、ゆうさんの「周りに感謝して、大切にする」っていう言葉が重なって、何だかジーンとしてしまいました。
私も傍にいてくれる友達や家族や、今の環境に感謝しようって改めて思いました。
  • 留衣 #-
  • URL
  • 2007-06-19(Tue) 22:09:48
  • Edit

お久しぶりです

覚えていますか?居ない間に告白の話など
色々ありましたね。
でも 良かったですね 
みんな 優しいな
ちなみに、私も幽遊白書 世代でしたよ
漫画本も持ってます キャラは、飛影が好きです

横浜の写真 綺麗 撮り方も上手いですね
ほんと画質もいいなー

私も身体 弱くて よく入院していました
親に迷惑かけていて、申し訳なくて
発作が起きても、隠すようになってしまいました
心配かけたくなくて 
自分が、イイ子じゃないようで
負い目を感じちゃいます
だから、素直になれないのかな??

横浜のホテル いいなー
シティホテルですよね? 私泊まったことないです
一緒に お風呂入ったかな?
  • さと #-
  • URL
  • 2007-06-19(Tue) 22:42:20
  • Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  #
  • 2007-06-19(Tue) 23:06:03
  • Edit

ゆうサンこんばんわ。
閣下とお呼びしたほうが・・笑
子守お疲れさまです!
私はなんだか小さい子がかな~り苦手で;
妹に任せちゃいます;
凄い好かれる場合もあるんですが・・・。

私のいとこも治らない病気に医者のミスで生まれてくる時なりました。
病気や死について考えると
自分がどれだけ恵まれてるのかとか
一日一瞬の大切さを考えさせられます。

ゆうサンには芯がありますね。
凄く素敵です。やっぱりゆうサンの力はゼロなんかじゃないと思います。周りの人や環境が与えてくれたモノでもそれは新しく自分の形成、成長、そして力に繋がっていくのかなと・・。そんな風に思ったりします。

横浜行ってきたんですね♪
凄く綺麗なところで☆うらやましいです!
オーストラリアのといい写真が上手いですね!!!!!!
では失礼します。
  • 春日 #-
  • URL
  • 2007-06-19(Tue) 23:17:07
  • Edit

お帰りなさいませ、ゆう閣下(笑)
鎌倉ということは…と思っていたのですが、やはりお墓参りだったんですね。
私も、今年祖母を亡くしました。脳の病気でした。
そして、先日のハルさんのご逝去…哀しいなんて言葉じゃ足りません。
でも、そういう人たちのパワーや生き様や死から教えられることって、
本当にたくさんありますよね。
忙しない日々を送る中で、どうしても忘れがちになってしまうけれど、
いつも思い出せるような引き出しを持っていたなぁと思います。

“ただそれだけのこと”が難しいんです。
気付くこと、感謝すること、大切にすること。
“ただそれだけのこと”ができる人って、私はすごいと思いますよ。

横浜のお写真、またまた綺麗ですねーvv
しかも何てリッチなホテル!いいですなー。
これはさぞかし素敵なバスタイム…(以下自主規制)
  • 蒼 #VQ8kSgT6
  • URL
  • 2007-06-19(Tue) 23:28:50
  • Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  #
  • 2007-06-20(Wed) 01:26:20
  • Edit

はじめまして。

はじめまして。yuiと申します。
ブログは前々から拝見させて頂いているのですが、今日は私の地元が写っていたので思わずコメントしてみました(^^)
いつも見慣れた風景なのに、ゆうさんの写真だとすっごく素敵に見えます。不思議…。
この景色が撮れるってことはあのホテルですね!うらやまし~(><)

ハルさんのこと本当に残念でした。ハルさんのブログも以前から拝見していたのに一度もコメントを残せなかったのが心残りでなりません。
なので今日はちょっと勇気を出してコメントしてみました(おおげさですね;)

これからもゆうさんのブログ楽しみにしています♪
それでは。
  • yui #-
  • URL
  • 2007-06-20(Wed) 03:11:47
  • Edit

子守お疲れ様でした(^^)
男の子は特に、戦隊ものの影響でキックやパンチをしたり
突進してきたりするので大変じゃないですか??私は、いとこと遊ぶときは怪獣役になりきって悲鳴をあげたり、倒れたふりをひたすらしてます(笑)
子どものキャッキャッと笑ってるところを見るとすごく癒されますよね(o^-^o)

生きていられることに感謝し、1日1日を後悔しないように生きようと最近強く思います。ブログって、それを書いてる人の人柄や生き方が強く表れるし、そこから学ぶことも多いですよね。今回の記事を読んで、ますますゆうさんの生き方や考え方に魅了されました。
これからもゆうさんのブログ楽しみにしてます(*^_^*)
長くなっちゃってすみません(^_^;)
  • 和歌 #-
  • URL
  • 2007-06-20(Wed) 14:44:03
  • Edit

今晩和~。

子守お疲れ様&お帰りなさいですゆう閣下(笑

子守、やっぱ疲れるものですかねー。自分は子守をしたことはないですが、弟居るので小さい頃騒がしいのはよく知ってます。
閣下のブログは読んでるだけで勉強になるです。

写真が・・・風景が綺麗ですねー。やっぱ癒されます。修学旅行のホテルの眺めも良かったですが、やっぱ違いますね~w

それでわ、失礼しました、閣下(リグレットノリで(笑
  • 十六夜 #p0k1V56c
  • URL
  • 2007-06-20(Wed) 20:36:46
  • Edit

コメントありがとうございます☆

>NOBUっちさん
そういえば、若くして甥・姪を抱えているんでしたね(笑)
確かに寝ているときは天使です。
起きているときは怪物です。
今回は、まぁ許可しました・・・


>keiさん
汚い大人も多いですよね。
ただ子どもは責任が取れません。
行為の先を想像できないようでは、まだすべきではないでしょう。
僕よりもたっちゃんのようなダーリンを見つける方が懸命です(笑)


>ぴょんさん
スイートです。もう快適でした☆
僕もすぐ真っ赤になりますが、日本酒はおいしいと思います。
まゆじゃありませんが、赤ちゃんのお尻は気持ちいいです。
全力すぎても疲れますから、時折マイペースでいきましょう☆


>usamilkさん
『真澄』は本当にお薦めです☆
僕のいとこも、ハルさんも。
きっと普通の人の一生分輝いていたんですね。
僕はそう思っています。
僕もまだまだ、『行う』ができていません・・・汗


>リョウさん
医学がどんなに進歩しようとも、
医師の力による部分は大きいですからね。
ぜひともリョウさんらしい素敵なお医者さんになって欲しいです。
2人で入っても狭くはなかったです(笑)


>はゆあさん
色々とお墓参りで報告してきました。
子ども3人のパワーはすさまじいです・・・
なぜあんなにも走れるのか・・・
確かに成長はすごく楽しみですよね☆


>自分さん
はじめまして☆
いやいや、院生なんてすごいじゃないですか。
いつの間にか毎日からマイペース更新になってしまいましたが、
よろしくお願いします。
僕もお邪魔させていただきます☆


>ちーかさん
将官ともなると忙しいのです・・・笑
ちーかさんが話したくなって、僕でよろしければ
いつでも構いません。
スイートだったので広さは抜群でした☆


>momoさん
成長してから遊ぶのなら幾分マシになってますかね。
いとこ達の成長がとても楽しみです。
たっちゃんの発言集ですか・・・
さすがにちょっと恥ずかしいものが(汗)


>夕日さん
はじめまして。
個性的な人が周りに多いので、
なかなかない生活だとは思いますけどね。
またぜひ来てください☆


>織夜さん
ショップからレストランまで色々ある複合施設でした。
次男のために、ありがとうございます。
子どもは心に敏感・・・
だとしたら僕は相当美しい心ということになりますね(笑)


>さきさん
でもそんな環境に気づかせてくれるほどに、
影響力の強い人たちが周りにいてくれることも非常に大きいです。
シンちゃんファンなんですか。
ちょっとS気味な人ですよ?笑


>cheiteさん
やはり将官とあろうものは、そういう人柄でないと無理ですね(笑)
でも影響力の強い友人のおかげだということは大きいです。
幼稚園でも問題児らしいです。
鍵コメは全然迷惑ではありませんでしたよ。
きっと辛かったんだと思いますが、
最後までこちらが勇気付けられてばかりでしたよね。


>悠里さん
寝てるときは本当に可愛いんですけどね(笑)
大人になって稼いで泊まっちゃってください☆
悠里くんもしっかりしてますから、
良い人に恵まれてますよ☆
あんまり僕を褒めてもお小遣い出ませんからね(笑)


>一葉さん
いえいえ、素敵なお言葉でした☆
人間は誰かに頼って生きていくものですよね。
とりあえず夏までに体力をつけないと大変なことになります・・・
これからも適当に撮っていきます(笑)


>ブーさん
人間って本当に愚かで、
追い詰められないと大切さに気づかないことばかりですよね。
それはモテモテじゃないですか(笑)
子どもは可愛いけど、侮れません・・・


>留衣さん
きっと妹さんが可愛くて仕方ないんじゃないでしょうか☆
明日どうなるかなんて誰にもわかりません。
人間は驕りがすぎるとダメになります。
謙虚に、感謝して、感謝される人になりたいものですね。


>さとさん
お久しぶりです。覚えていますよ☆
遡って読んでいただいたんですね。
画質がいいのはデジカメで、悪いのは携帯です。
さとさんは人に気が回る方なんですね。
外資のホテルらしいです。まぁ・・・入りました・・・汗


>悠希さん
それは辛い経験をされましたね・・・
僕がその立場だったら、同じことは言えない気がします。
自殺がどれほど罪深いのかもっと考えて欲しいですよね。
人間はとても弱いけど、同時にとても粘り強い生き物です。


>春日さん
あ、閣下でよろしくお願いします(笑)
どんな出来事でも、意味があるものなんですね。
やっぱり人間一人では生きられないと実感しますよね。
横浜の夜景は本当にキレイなので、ぜひ行ってみてください☆


>蒼さん
『引き出し』・・・本当にそうですよね。
せめて心に留めておける人になりたいです。
僕もできているかは自信がありませんが、
哲学の一種として持っていたいです。
・・・おフロはなかなか楽しかったです(汗)


>アキナさん
子どもからすればもうおっさん同然です・・・
まぁ小学生で彼氏彼女なんてのはお遊びみたいなもんでしょうが、
元気に走り回る子が減ってきましたねぇ・・・
その瞬間瞬間をカ写真にして、眺めたいんですよね。


>yuiさん
はじめまして☆
写真は結構そういうことがあるんですよ。
地元がなかなかいいなって思えたりもしますよ☆
後悔するくらいなら一歩踏み出せということかもしれませんね。


>和歌さん
寝ているときは天使なんですけどね・・・
かくれんぼとか、マジでキツイです(笑)
安っぽい哲学かもしれませんが僕の指針となっているものなので、
これからもこれだけは忘れないようにしていきたいです。


>十六夜さん
まだ中学生じゃいいかもしれませんが、
大学生くらいになると相手ができているのかすら疑問です・・・
一応上層のスイートなので、眺めはどこよりも良いはずです。
プリズムバレットは打たんでくださいね(笑)
  • ゆう #-
  • URL
  • 2007-06-21(Thu) 00:12:37
  • Edit

Comment form
 ※コメントの修正・削除の際に必要です

管理者のみ読めるようにする


Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jiyukimamana.blog84.fc2.com/tb.php/161-e96d1184
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

Home >> Information

Information

Author : ゆう

遂に社会人。
慢性的に眠い23歳。
詳しくは『Author』



ページ先頭へ戻る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。